BLOG

ブログ

「ありがとうのおかね」という絵本

IMG_2143

私の作った絵本の宣伝です。

 

子供にお金と仕事のことを伝えたいという思いから作りました。

 

お子さんにお金のことを話していますか?

 

あなたは子供の頃、お金のことを親からどのように聞いていましたか?

 

親がお金に不自由なく豊かに暮らしていたなら

 

お金に対してプラスな感情があるでしょう。

 

もし、反対に親が事業に失敗したりあるいはお金に苦労して

 

苦しい生活をしていたならお金に対してマイナスな感情があるかもしれません。

 

あるいは今までにお金に対していろいろな出来事で

 

お金にた対して何かしらの感情が出来ているかもしれません。

 

そして人は無意識にお金に対しての感情を持っているのです。

 

その無意識に持っている感情で大人になっての

 

収入が大きく変わることがあります。

 

子供の頃からお金に対してプラスな感情を持たせることで

 

お金に困らない大人になれます。

 

お金に対してネガティブな感情が潜在的にあると、

 

(例えば不幸になると無意識が持っている場合など)そのようになるのが怖いので

 

お金から遠ざかろうとしてしまうのです。

 

0歳から7歳までにベースとなる価値観がつくら

 

大人になってもずっと私たちの言動に影響を与えていきます。

 

絵本は、伝えたいメッセージを物語にして無意識に伝える事ができるので

 

とても良いツールです。

 

そして、今回、子供達に対してお金と仕事はとても素晴らしいことだと

 

伝えたかったので絵本を作りました。

 

直接メッセージを伝えるよりも絵本は無意識にすんなり入るので

 

たくさん読んであげることで子供にはとても良いメッセージが身についていきます。

 

絵本(ありがとうのおかね)の発売は一般書店では10日前後ですが取扱いのない所もあるのでなければ、

 

予約購入を頂ければ購入できると思います。

 

また、私のGOチングページより直接販売もしているのでご購入いただけます。

 

どうぞ、よろしくお願いします!

出版社:リーブル出版

題:「ありがとうのおかね」

作:さないごう

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。