BLOG

ブログ

「パパ、派手な洋服が好きなの?」

子)パパ、派手な洋服が好きなの?

 

パ)そうだよ。

 

子)どうして?

 

パ)自分の好きな色を着たいと思うから。

 

子)普通の人はそんな派手な格好しないよね。。。

 

 

子供との会話の一コマ。

 

普段、私の事を知っている人はご存知かと思いますが仕事でもいつも明るい色の洋服を着ています。

 

弊社の社員からも以前は「わぁー派手~」と言われていましたが最近は当たり前になりました。

 

昔は私も仕事の時はスーツを着てネクタイを締めていた頃もあったんす。

 

しかも以前は葬儀業界に居たのでスーツもダーク系でネクタイもなるべく地味にしていました。

 

今でもTPOに合わせて地味な服装にしたりは出来ますよ!(笑)

 

なぜ、今は派手になったか?

 

それは、自分に正直になろうと思ったからです。

 

前回のブログで価値基準というお話しをしましたが、まさに以前は自分が望む洋服(色)と現実が不一致でした。

 

そして、長い間ずっと我慢をしていたのです。

 

以前はこんな風に思っていました。

 

「社長はスーツを着てネクタイをするものだ」

 

「余り目だ立つより一般的が好ましいだろう」

 

「派手になるとクライアントからの信用がなくなる」

 

などなど。

 

これは、私の勝手な信じ込み(ビリーフ)でした。

 

人は無意識でこのような信じ込み(ビリーフ)を沢山持っています。

 

 

現実では、

 

■社長でも派手な格好をしている人は沢山いる

 

■一般的とは誰が決めたのか?

 

■派手になると本当に信用がなくなるのか?

 

良く考えると上記のような質問が出てくるのです。

 

このビリーフを持っていると当たり前だと思っているので疑うこともないので上記の質問も考えません。

 

ビリーフは持っていても良い物もありますが必要ないビリーフもあります。

 

私はその必要ないビリーフを手放したのです。

 

手放すととても毎日の気分が良い!

 

この例のビリーフの原因は、私が他人の目を気にしていることが一番の原因でした。

 

心理学的に言うと外的基準が強すぎたんです。

 

外的基準とは、外部からの情報、基準、期待、評価など気にして外部に合わせようとしてしまう。

 

要するに外部を気にしてしまい過ぎていたのです。

 

しかし、そのビリーフを手放した時から私は内的基準になりました

 

内的基準とは、自分自身の信念や思考、価値観を大切にし外部がどうであろうと気にしない状態。

 

自分では中々気づくことの無いビリーフを手放すことで今までとは違う世界が広がる事があります。

 

小さい頃から当たり前だと思っている信じ込み(ビリーフ)は皆さんいろいろと持っているのです。

 

私の例は洋服の事でしたが、仕事、恋愛、結婚、勉強、遊び、人生の領域すべてにあります。

 

何かが成し遂げられなかったり、自分の視野が狭いのは必要もないビリーフを持っているかもしれません。

 

私の子供には、可能性を広げる為に必要もないビリーフを持たせないような育て方をして行くつもりです。

 

もし、子供が必要もないビリーフを持っていたら直ぐに手放してあげようと思います

 

あなたの必要の無いビリーフは何でしょうか?

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。